不動産購入はこわくない 後悔しない不動産選びができる ・24

■なかなか気に入った物件がない場合

だいたいこういった所は、駅周辺だったり、商業区域の中心です。バブル期の地価の高騰を引きずって(今はずいぶん下がってきたものの)、そもそも土地代が高いのです。狭い土地でも、郊外に比べると安くはありません。また、商業区域は、店舗や家が密集しているため、環境も重視したい人は、その周辺に建つ、新築ないし中古マンションを視野に入れるのも一つの方法です。土地を探している人も、なかなか希望の物件が出ない場合は、マンションの生活も考えてみては?ということです。また、中古住宅が建っている土地でも、程度が悪くなければその中古住宅をリフォームしたら、新しい住まいとして意外に満足、なんてこともあるかもしれません。建っているのが古い中古住宅だったら、壊して更地にすることも可能です。(不動産業者が間に入っていれば、その費用を売主負担にするか買主負担にするかで購入金額を交渉することも出来ます! 価格の交渉については、

57ページでも詳しく書きます。)

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です